スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標本完成

先日★になった自己採集のオオクワガタ雌を標本作成中でしたが
本日体が完全に固まったので標本箱に移しました。
ラベルも自分で作成して、いつ見てもこの子を思い出せます。
想像してたより上手く出来ました。

DSCF4531.jpg

触覚も自分好みに角度をつけました(笑)
標本作成もなんだか楽しいですね。
イコール大事な個体が★になってるので複雑ですが。。。

初めから標本用に採集してたなら気持ちが大分らくなんですが(汗)
スポンサーサイト

カワラ菌糸ビン入替

先日の記事で紹介しましたカズミアエですが、やはり潜らないので本日カワラ菌糸へ入れ替えました。

DSCF4520.jpg

今回は失敗したくないので入念に行います。
なるべく初めはマットを食べてもらいたいので穴もでかめに彫りました。

DSCF4524.jpg

大体直径4㎝深さ3㎝といった感じです。
ここに本日購入したFマットをやや硬く詰めます。

DSCF4526.jpg

マットを詰めてから細いドライバーで真中に幼虫が潜りやすいよう穴を開けました。

DSCF4528.jpg

カズミアエ潜って行きます。
その後表面近くまで頭を出している個体もいましたが完全に表面に出ている個体はいません。
もう少し様子見しますが、これでダメなら完全マット飼育にしようと思います。

ホントーに神経の磨り減る種です(汗)

心配で仕事も出来ない(汗)

今日は遅出での為、帰宅が夜中になりそうです。
なので更新を出勤前にしようと思います。
先日ウッディカズミアエ購入の記事を書きましたがその後思うようにいきません(泣)

私の頭ではBE-KUWA45号を熟読及びネット検索で調べた後での購入だったので、産卵に関しては大変だろうけど幼虫自体の飼育は楽勝だろう。と、思ってました。
しかしヒマラヤの環境で育つクワガタがそんな甘いわけなかったです(汗)

まずオオヒラタケ菌糸に潜っていかない。みんな表面に出てくるのです。

DSCF4512.jpg

5頭中5頭でてきます。
これは菌糸がわるいのか?いや!ギネス様の記事ではオオヒラタケ菌糸で飼育してると書いていたしむし社の飯島さんのコメントでも、あまり餌を選ばない種と書いてあったので、どうしていいか混乱します。

そこで申し訳ないですがエキスパート方にご連絡しました。
1 ドルクスダンケ代表 坪内様
2 メルシーインセクト様 (ウッディ飼育エキスパート)
3 購入ショップ様

したらば3点みな同じことを言いました。

「ウッディ幼虫飼育は分かれば簡単です」
「まず、菌糸はカワラであること。オオヒラカケは時間だけかかりサイズが伸びません」
「それから菌糸ビンはある程度劣化したものを使用すること。2か月くらい放置した物がいいですね」
「温度は20度一定ですね」

以上を皆様同じことを言っていました。
私が実行出来てる内容は【温度20度一定】だけでした(汗)

こいつはいかん!!と思い。明日到着でカワタ菌糸ビンを発注しました。
もはや劣化した物は用意出来ないので、その点だけ省きます。
カズミ幼虫たちはお腹がマットで満たされてるので菌糸交換までに★になることは無いと思いますが早急に対応しようと思います。

添加剤

来季ブリードに向けて添加剤を購入しました。
購入品はフスマ・麦芽・トレハロースなどなど6種類ぐらい。
来季はいろんな組み合わせでサイズの乗り方に注目してみたいと思います。
(すでに先人様たちが実行してる話ですが自分で確かめたくて)

DSCF4511.jpg

来季は能勢YGがメインになりますから大量に購入しました。
逆に久留米は添加剤負けしてしまう個体が多いいので少量もしくは添加物を考えます。

あおのクワガタについて

昨日で1週間連続更新しました(頑張りました)
正直仕事中に更新したり遅く帰ってきた日も更新してましたので難しい日もありました。
とりあえず7日間更新しようと目標を決め実行してきました。
理由としては私にはクワガタの交流者が1人もいません。
友に熱く語り!飼育部屋を見せたり!この趣味に引きずろうとした友は沢山いましたが1人もこの世界に興味を示しませんでした。
少しでも交流の場を持ちたくブログを開始しました。
1週間更新してましたら日に日にアクセスランキングを上昇し、こんなブログでも閲覧して下さる方がいると実感できなんとなく嬉しくもあります。

ですが家庭には良くないようで1週間頑張って更新した記事に家族ネタの記事が一つもないと。
嫁さんにつつかれてます。

虫部屋を使用でき空調24時間運転おもけに冷やし虫家を3台も購入させてもらってる神の機嫌を損ねては今後のブリード環境及び生体購入などに影響がでます。

そこで今日はクワネタから少し離れ娘を紹介しようと思います。

DSC01316.jpg

10月2日に1歳になりました。
最近は危ないながらヨチヨチと歩くようになってきました。
この子の名前が当ブログの【あおのクワガタ】に由来します(あおって名前ではないですが)

きっとこの記事も嫁さんが見ることでしょう
「ママ、あおの記事をアップしました」

次回は堂々とクワガタネタを更新します(笑)

ウッディカズミアエ到着

今日は仕事が忙しくいま帰宅しました

早速午前中着のカズミアエとご対面

DSCF4500.jpg

★になってる個体はいませんでしたが1頭気になる個体がいます
なんとか元気になってもらいたいものです

ギネス飼育者様の記事を拝見しますとオオヒラタ菌糸でしたので私も注文してました
エクシードクラフト様のLEVIN-G800

DSCF4508.jpg

ウエストウッディカズミアエ幼虫

DSCF4506.jpg

こんな感じで投入

DSCF4509.jpg

目標は羽化ですね
羽化ズレするので累代は難しいと思います


オオクワTシャツ

先日嫁さんからオオクワTシャツをプレゼントされました
特注品です(笑)

DSCF4493.jpg

嬉しいです(照)

外で着るのは恥ずかしいですが
オオクワだけならまだ着れます

裏が。。。

DSCF4495.jpg

私の名前です(笑)

それじゃ無理でしょう?
嬉しいけどお家で保管してあります

採集記?

我家では菌糸の廃材や食いカスを庭の畑にリリースします
1年もすれば完全に畑の土のように仕上がります

先日庭の手入れの際、畑の土を掘り起こしました
畑は二畳くらいですが4分の1ぐらいいじっただけですが

DSC01347.jpg

40匹ぐらいのカブトムシ3令がゴロゴロ。
みな30グラムを超えるような大物でした

畑の全てを掘り起こしたら何匹いるだろう?

100匹はいると思います

夏はビニールシートで覆って逃げれなくしてゼリーを置いとけば成虫で沢山捕獲できそうです(笑)

カブトムシは飼育はしたことないですが。。。

越冬準備

もうすぐクワちゃんたちは冬眠ですね

我家でも準備に入りました
(準備といってもマットを微粒子に変えたぐらい?)

常温だといまだに昼間は室内24度とかになるので17度冷房維持しています

DSCF4490.jpg


これくらいを維持してると活動を極端に少なくなり15度くらいを切れば冬眠に入るだろうと思います

もうちょい寒くなってきて常温室内温度が18度くらいになってきたら冷房を切り常温で春先まで管理します

本当は越冬させず室内24度くらいで春先までキープし来季に入るか迷いました

しかし季節感のある虫なので産卵数に影響があるかな?
と思い越冬を実施します(笑)現に越冬個体のほうが産卵がズムーズだとか良く耳にします

そうそう予定した通り予約のウッティカズミアエ購入できました!!
初2令5頭ですが頑張って飼育します

羽化ズレする種のようで累代は難しいかなぁ。。。

2雄3雌とかになってくれたら1雄だけ早期羽化で累代できそうだけど

カズミは26日到着予定です。詳しい方教えてくださいね



標本作成

先日の記事でも紹介しましたが来期2013年種親として使用予定でした
山梨県産WDメスAの★により標本として残そうと思い実施してみました

DSCF4497.jpg

まずは形ですね
お好みの形に固定

右鞘羽中央辺りにブスッと1針

取り敢えずダンボールにて乾燥・固着を1ヶ月まちます
その後は固定針を全て外しちゃんとした標本ケースに入れる予定です

思い出をありがとうね

BE-KUWA(ビークワ)45号

やっとビークワ45号購入しました

DSCF4489.jpg


ギネス内容はPCで確認していたので知っていましたが今回は特集で興味がありまして。

ウッディ。。。いいですね

記事を見ましたがベストの飼育方法でしょうか?

特に3令終期から材飼育にて羽化まで管理の点は菌糸での羽化ではダメなのかな?

ギネス作出者の記事なので何かしら理由があるのでしょう

と、ゆうことで本日購入予約しました

ウエストウッディカズミアエ初2令幼虫5頭(笑)

来週末あたりに我家に来る予定です

ビークワ読んでウッディ勉強します



2013年度 【紅】種親紹介

こんばんわ

本日はMANDIBRESさんの純潔【紅】の種親を紹介しようと思います

DSCF4405.jpg

DSCF4411.jpg

MANDIBRESさんよりH24.4.26にペアにて購入
産地  岡山県
羽化日 H22.11.26
採寸  71㎜
当方管理№2010M-1

眼色は山吹き色のような赤目
MANDIBRESさんが【紅】を作出してから一度も血の入替をしていない純潔のF10です

DSCF4433.jpg

DSCF4435.jpg

証明書に同腹の記載がないので不明ですがシリアルナンバーを見た感じ同腹ですね
羽化日 H22.11.9
採寸  46㎜
当方管理№2010M-A

RR×RRなので理論上100%F11はレッドアイですね

購入時は気になりませんでしたがメスの顎欠けてるので菌糸ブロック産卵が良いかと考えています

2013年度 山梨WD種親

こんばんわ

今日も種親紹介です(汗)

大型血統ではないのが閲覧者様には申し訳ないです

来年度からオリジナル血統を作出し大型化を狙ってみようと思います

種親は全て山梨での自己採集個体になります

DSCF4437.jpg

大顎が直線的で採寸が出やすい個体をチョイスしました
採集日 H23.12.12(台場クヌギ立枯れから3令採集)
羽化日 H24.3.21
採寸  71㎜
当方管理№200XY-1

DSCF4446.jpg

上記個体と同日、同立枯れより成虫採集
羽化日 H23.12月中(恐らく)
採寸  40㎜
当方管理№200XY-B

DSCF4445.jpg

上記個体と同日、同立枯れより2令採集
羽化日 H24.5(採集状況と形状から上記個体とは同腹でない可能性が高い)
採寸  58㎜(マット管理で採寸は伸びませんでした)
当方管理№200XY-2(産卵予備軍です)

当方の管理№は1番期待できるオスに1を一番期待できるメスにAを付けています

今回紹介したメスが200XY-Bなのには理由がありまして本来なら2ラインのブリード予定でした

しかし先日200XY-Aである1番ラインのメスが★になってしまいました(泣)

来年度使用可能なWD生体は全てオークションにて販売してしまったので予備メスがいません

無事に来季ブリードまで元気で過ごしてもらいたいものです

それはさておき。みなさま生体の突然死は経験ありますか?

★になったメスは前日に元気にゼリーを食べてました

爪もつよく死んだふりもしていました

転倒して起き上がれず★になったなら分かります

マットの中で★になってたのです

理解できませんし経験もありません

今後このようなことがないか心配でならないです


飼育部屋紹介

いいペースで更新できています(笑)

いつまでこのペースで更新できるかわかりませんがネタ切れまで頑張ります

今回は飼育部屋の紹介をしたいと思います

では!

DSCF4450.jpg

右半分ですね

冷やし虫家は来季の本気ブリードの為3台購入しました

扇風機で室内温度にムラがないよう24時間運転しています

緑色のは加湿器です(状況を見ながら運転します)

DSCF4451.jpg

左半分です

ラックにはうちで管理してます全ての生体がいます

冷蔵庫は2台ありまして電気代が安くなるよう冷凍室が無いものを中古で購入

脚立は採集用です

DSCF4453.jpg

エアコンは24時間運転です

格安のエアコンで性能がイマイチですが我慢です

DSCF4454.jpg

ビークワ全巻あります

ファイルは我家で管理しております生体や幼虫の飼育データを管理しております


DSCF4460.jpg

こちらが生体です

下から能勢・久留米・紅・山梨WDの順番で一段づつ分けています

DSCF4461.jpg

2つある窓は遮光カーテン+ダンボールで完全に光を遮断しています

昼でも冷やし虫家のランプだけです(笑)

ここまでやらせてもらってる嫁様には感謝しております



2013年度 久留米種親

昨日と今日は連休を頂き休みです

これといって予定はないのでクワガタのお世話ですね(笑)

昨日は来季使用予定の能勢YG種親を紹介しましたがアクセスランキングが一気に上昇してビックリしました

こんなブログでも閲覧して下さる方がいらっしゃるのは嬉しい事です

今回アップの久留米種親も次回更新ネタに2週間ぐらい保存する予定でしたが嬉しくて2日連続の更新にしました
(といっても1雄3雌ですが。。。)

トップブリーダーの方々には恥ずかしい内容ですが紹介させて頂きます

DSCF4391.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.4.24に購入(1雄3雌ペアで購入)
産地 久留米
羽化日 H23.6
採寸  82㎜(当方計測どう頑張っても81㎜)(何かの間違いでしょうか(笑))
当方管理№2010K-1

作出者はSBCのhizoさんです
親 83㎜(メルリン氏個体)×53㎜(マツノインセクト様)

このオスに×メスは下記3メスの予定です

DSCF4385.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.4.24に購入(上記オスとのペアにて購入)
上記オスの同腹になります
産地 久留米
羽化日 H23.6
採寸  51㎜
当方管理№2010K-B

DSCF4393.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.4.24に購入(上記オスとのペアにて購入)
産地 久留米
羽化日 H24.6
採寸  52㎜(当方計測52.5㎜)
当方管理№2010K-A

作出者はSBCのhizoさんです
親 82㎜(メルリン氏個体)×52㎜(マツノインセクト様)

DSCF4397.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.4.24に購入(上記オスとのペアにて購入)
羽化日 H24.6
採寸  50㎜
当方管理№2010K-C

作出者はSBCのhizoさんです
親 83.2㎜(Waizu Dolcus offide様)×52.5(Waizu Dolcus offide様)

以上が来季で確定しているラインになります
久留米はラインが少ないので種親を補給するかもしれません

来季から本格的なブリードを展開する為、能勢YG種親やブリード環境(冷やし虫家3台及びエアコン)を今季購入した為これ以上購入すると家庭が崩壊するかもしれません(笑)

けど楽しいのです。オオクワブリードが好きなんです(照)

次回更新は赤目(紅)種親か自己採集オリジナル血統作出種親でしょうか?

もしくは飼育部屋紹介など考えています


H24.12.1 追記
H24.12.1
産地 久留米
羽化日 H23.6
採寸  51㎜
当方管理№2010K-Bが★になりました。



2013年度 能勢YG種親

久々の更新です

今日は来季使用します種親を紹介したいと思います

DSCF4338.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.1.18に購入
能勢YG847血統
羽化日 H23.6
採寸  81㎜
当方管理№2010N-1

作出者はSBCのhizoさんです
親 81.7㎜×49.8㎜(binnonさん)
元親 83.7㎜(84.7㎜ギネス同腹)×53.1㎜(84.7㎜ギネス同腹)(共にyasukong様)
親の異腹兄弟から第11回ビークワ美コン優勝個体81.5㎜が作出されています(binnonさん)

このオスに×メスは下記2メスの予定です

DSCF4348.jpg

銚子オオクワガタ倶楽部よりH24.1.18に購入(上記オスとのペアにて購入)
上記オスの同腹になります
能勢YG847血統
羽化日 H23.6
採寸  51.5㎜
当方管理№2010N-A

DSCF4385.jpg

有名ブリーダーgold757さんよりH24.9.18購入
能勢YG血統
羽化日 H24.5
採寸  51.3㎜(当方計測で51.8㎜)
当方管理№2011N-D

作出者はgold757さんです
親 86.6㎜(yasukong様前ギネス)×52.6㎜(80系頂点85.8㎜同腹)
gold757さんがyasukong様に52.6㎜との種付をお願いし、その子供です

DSCF4357.jpg

yasukong様より当方がH24.6.20に購入
能勢YG866血統
羽化日 H24.5
採寸  77.2㎜
当方管理№2011N-2

作出者はyasukong様本人です
親 86.6㎜(前ギネス)×53.3㎜

このオスにも×メスは下記2メスの予定です

DSCF4358.jpg

yasukong様より当方がH24.6.20に購入(上記オスとのペアにて購入)
上記オスの同腹になります
能勢YG866血統
羽化日 H24.3
採寸  48.2㎜
当方管理№2011N-B

DSCF4386.jpg

有名ブリーダーgold757さんよりH24.9.18購入
能勢YG血統
羽化日 H24.5
採寸  50.3㎜(当方計測で50.8㎜)
当方管理№2011N-E

作出者はgold757さんです
親 86.6㎜(yasukong様前ギネス)×50.5㎜(80系頂点85.8㎜同腹)
gold757さんがyasukong様に50.5㎜との種付をお願いし、その子供です

DSCF4369.jpg

yasukong様より当方がH24.9.18に購入
能勢YG80血統
羽化日 H24.6
採寸  80.5㎜(当方計測で80.7㎜)
当方管理№2011N-3

作出者はyasukong様本人です
親 85.8㎜(80系頂点)×53.3㎜

このオスに×メスは下記1メスの予定です

DSCF4383.jpg

yasukong様より当方がH24.9.18に購入(上記オスとのペアにて購入)
上記オスの同腹になります
能勢YG80血統
羽化日 H24.5
採寸  50.8㎜(当方計測で51.2㎜)
当方管理№2011N-C

以上が現在確定しているラインです
本格的な温度調整をしブリードするのは来季が初年になるので頑張ります

次の更新では久留米の種親を紹介したいと思います

山梨県韮崎市オオクワガタ採集(材割)

昨日は約1年ぶりに山梨へ採集へいきました

私が韮入りするときは、いつも2人で向かいます(何かあったら怖いから)

台風予報なので午後からは困難になりそう

午前中で勝負を決めなければボウズが決まりそうです

相方家にはAM5時集合、途中談合坂による事もなく韮崎へ

約1年ぶりなので確実にオオをゲットする為、去年発見した最高の立ち枯れへ行きました

人が入った痕跡はなく取り敢えず一安心

途中迷いながらもなんとか目的の木に到着

山梨オオ採集

多少削ってあるのは私が去年手を付けました

早速削り始めすぐに食痕が

山梨オオ採集

いたいた!!

3令になりたての雄です

その下の食痕を追って

山梨オオ採集

こちらは女の子

さらに横の食痕は追って

山梨オオ採集

あぶな。。。いきなり出ました

こちらも女の子

まだいそうですが雨が振り出し風も強かったので次回成虫での採集に期待し帰路につきました

今回採集トリオ

山梨オオ採集

大きくなーれ

山梨オオ採集
プロフィール

あお

Author:あお
1日24時間中12時間はクワガタの事を考え試行錯誤している二児の父親です(汗)日々のクワ日常などアップしていきたいと思います♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
4701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
126位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。